稲荷山

2019年9月に千束八幡神社で「稲荷山(千箭[ちのり]の悪鬼退治)」を見た。黙劇で初見の神楽なのでストーリーが分からない。千箭の悪鬼退治とあるけれど、鬼が出てこない、鬼退治しないじゃないかと思っている内に終わってしまった。

岡部社中・稲荷山・もどき 岡部社中・稲荷山・もどき 岡部社中・稲荷山・天狐 岡部社中・稲荷山・稲荷大神 岡部社中・稲荷山・天狐 岡部社中・稲荷山・天狐

また、2020年1月に鶴岡八幡宮で佐相社中の演じる「稲荷山」を見た。こちらも登場人物は神と天狐だけでもどきと鬼、千箭は登場しなかった。

佐相社中・稲荷山・稲荷大神 佐相社中・稲荷山・稲荷大神 佐相社中・稲荷山・天狐 佐相社中・稲荷山・天狐 佐相社中・稲荷山・天狐 佐相社中・稲荷山・稲荷大神 佐相社中・稲荷山・稲荷大神 佐相社中・稲荷山・天狐

その後、文教大学の斉藤修平先生から佐相社中のマイク解説台本を貰い、稲荷山のストーリーが分かった。稲荷山は前段「言付けの場」と後段「鬼退治山の場」からなり、僕が見たのは前段だけであった。

神は稲荷大神(もしくはウカノミタマノオオカミ)であった。だから天狐が登場するのである。後段では稲荷大神が千箭に弓矢を授け、鬼退治をさせる。鬼との闘いはユーモラスなもので、傷ついた鬼に「これからオペを開始します」と言ったセリフが見られる。戦いは鬼が降参して終わる。

~言付けの場~

 稲荷大神が登場。指し扇の舞で舞台を清める。稲荷大神に仕える天狐が登場する。続いてモドキが登場。同じく稲荷大神に仕える者。「今日は○○神社のご祭礼だ。ひとつお参りしてから行こうとするか」と神社の前で手を合わせる。

 稲荷大神がモドキに弓矢を持ってくるよう命じる。モドキ、いんばという曲に合わせて手踊りしながら弓矢を運んでくる。稲荷大神の{曳弓|しきみ}の舞。古来より矢を射ることは鬼を退治する魔除けの作法である。

 続いて天狐が鈴と{幣束|へいそく}を持って清めの舞を舞う。

 モドキ、千箭命を呼び出すよう命じられる。千箭、登場。「私にどのようなご用があるのでしょう」。山で鬼達が悪さをして村人達を困らせている。千箭に山へ行って、鬼共を退治せよと命じられる。千箭、請け給わる。千箭、弓矢を賜る。稲荷大神、引っ込む。天狐、引っ込む。モドキ、千箭に後はよろしくと言って引っ込む。

 千箭、出立前に弓と鈴で{発弓|はっきゅう}の舞を舞う。舞い収めた千箭、鬼退治へ向かう。千箭、引っ込む。

~鬼退治山の場~

 鬼達の{棲|す}む山。鬼達は村人たちからかすめ取ったものを前に祝いの舞を舞う。そこにやってきた千箭。稲荷大神から鬼退治を仰せつかって、鬼達の棲む山に到着する。

 見慣れぬ奴が現れたと鬼達が騒ぐ。千箭の弓矢も奪い取ろうとする。千箭は弓矢の威力を見せようと応える。

 千箭、シキミの舞。千箭、鬼たちに弓矢の威力を見せる。「ふん、そんなもの恐くねえ。ほら、この尻でも討ってみやがれ」千箭が鬼の尻を討つ。鬼の兄貴分、痛がる。千箭、再び矢を射る。腹に命中。「やられた、もうだめだ」「これからオペを開始します。先生よろしく」「お任せください。{縫合|ほうごう}。手術完了!」鬼は助かる。

 お前たち、まとめて討ち取ってくれると千箭が続けざまに討つ。鬼達、降参する。鬼達、弓の下をくぐって退散する。

 鬼退治を成し遂げた千箭、稲荷大神の許へ引き上げる。千箭、引っ込む。

動画

YouTubeで「里神楽 千箭凱旋(ちのりがいせん)」という動画を見る。残念ながら、どこの社中かどこの神社に奉納されたものかの情報は無かった。24分程の動画。これを見るに、鬼退治以降の場がある社中も存在することが分かる。内容は稲荷大神がまず出て舞い、それからモドキが運びの舞でお酒を持ってきて千箭がそれを飲み、それから鈴と弓を持って舞う……というような内容だった。

黙劇とマイク解説

関東の神代神楽は基本的に黙劇でセリフはほとんどないのだけど、これは観客に一定の知識を要求していると言えるだろう。神代神楽の演目の多くは記紀神話に題材をとったものであるから、何となくでも知っている人は多いだろう。それでも日本神話の知識を前提にしていることに変わりはない。「稲荷山」の場合、日本神話には無い独自のストーリーなので、初見の人間には前提となるストーリーの知識がない。これ、弓と矢で舞っている(シキミの舞)ことは分かるけれど、何のためなのかということが分からない。

神楽というのは老人と子供が見るものである。神楽の盛んな地域の動画を見ると、観客は老人と子供である。関東の神代神楽の場合、神楽師の着付けと休憩で時間が掛かって幕間が一時間くらい空くことが通常である。この間に観客が入れ替わってしまうという難点がある。一社中の構成人数は十名前後であり、また一演目当たりの登場人物も多いので、幕間が長いこと自体はどうしようもない。

そんな悪条件でも子供に神楽を見せることを考えなければならない。神楽を見て育った子が大人になって親になって、そのまた子(孫)に神楽を見せるというサイクルが神楽の盛んな地域では確立されているのである。

という訳で子供に神楽を見せるにはどうしたらよいかということになるが、子供には日本神話の知識は断片的にしかない。ヤマタノオロチや海幸山幸、因幡の白兎といったお話は絵本にもなっているので知っている子供も多いだろう。それ以外については知らない子供も多いのではないか。

そこで重要となってくるのがマイク解説である。マイクによる解説は黙劇という建前には反するものとなってしまうが、神楽のストーリーを理解させるのには役立つ。近年ではマイクで解説することが増えている。これは観客がストーリーを理解し易いように配慮したものだろう。今後もマイク解説は広まっていくと思われる。

なお、マイク解説をすると、舞い手が解説に合わせて演じてしまうといった現象も見られるそうだ。

相互リンク:元記事